1年中気になる厄介者「毛」との付き合い方

1年中気になる厄介者「毛」との付き合い方

1年中気になる厄介者「毛」との付き合い方
毛と悪戦苦闘する日々

中学、高校生の思春期の時期にいきなり登場する毛。ただでさえ反抗期で、何かにつけてイライラする時期に、やっかいなお荷物をしょい込んだ気分でいっぱいでした。若い時期は周りの男の子の目も過剰に気になるし、お手入れせずには生活できませんよね。特にすぐ人の目に着く、夏の腕毛や脇毛、体操着になった時に現れるすね毛は剃らずにはやってられませんでした。毛深いと、いじめ問題に繋がる可能性もありますしね。ただ学生の頃は、お金がないうえ、塾や部活で忙しいので家で剃るのが精いっぱいでした。今のようにエステがもっと安い時代であれば、バイトして全てつぎ込んでいたかも知れません。

20代に入ってより厄介になる毛

20代になってより気になるのは、なんたってVIOゾーンでしょう。彼もできて、一番過敏に気になるあのゾーン。脇や手足は、バイトや仕事で貯めたお金で脱毛と言う手もありますし、脇さえ気をつけてれば、手足なんて日焼けしてしまえばあまり気にならなかったりします。今の時代エステもかなりお手頃なので、脇ぐらいならとってもリーズナブルに永久脱毛できてしまします。永久脱毛してしまったら、こっちのもの。来年には何も気を遣わなくていいので、かなり楽に生活できます。ノースリーブなんて嬉しくって毎日着ちゃいますよね。ただVIOをエステでとなると恥ずかしいという思いが先行します。

なかなか勇気のいる毛対策

VIOゾーンの悩み、なかなか友達同士でも語りあえないですよね。自分で処理するにも見えずらいし、デリケートなゾーンなので剃刀負けや肌荒れも気になります。また、生えて来たらチクチクしてくるし。私は脱毛クリームを使っていましたが、どうもうまくいかないし、2,3日したらまた出てくるのでチクチクして気持ち悪い。夏の間は頑張って処理しつつも、冬になるにつれて、ほったらかしになっちゃいます。エステで数回、恥ずかしいのを我慢するのか、このチクチクとぼうぼうと付き合っていくのか、なかなか勇気のいる決断にせまられている今日この頃です。

VIOライン脱毛を取り扱う店舗は全国各地にあるので、症例数や体験談を把握してから施術することが大切です。

医療脱毛なら表参道の詳細はこちらOライン脱毛の情報

No comments.