知らず知らずやっている?心臓に悪い習慣とは

知らず知らずやっている?心臓に悪い習慣とは

知らず知らずやっている?心臓に悪い習慣とは
何気なくやってしまう習慣

心臓は人間の臓器の中でも中心的な役割を果たしている部位です。心臓によって、人間の身体は正常に動いていると言っても過言ではありません。それだけに、是非ともいたわりたいところですが、実は日ごろの何気なくやっている習慣の中にも、心臓に負担をかけやすいものが少なくありません。しかも何気ない習慣であるがゆえに、改善しようと思ってもまたついついやってしまうということも良くあります。まずはどんな習慣が心臓に良くないのかを知ることが大切です。

夜更かしや睡眠不足は心臓の大敵

仕事が忙しいなどの理由で、どうしても睡眠不足が短くなってしまいがちという人は多いでしょう。もちろん、仕事も大切ですし、やむにやまれぬ事情があるのかもしれませんが、身体の健康には代えられないものですよね。実際、睡眠時間が5時間を切ってしまう人というのは、8時間以上眠っている人に比べて心臓病にかかるリスクが上昇してしまうという研究データもあるくらいです。夜更かしをしないで、しっかりと睡眠時間を確保したいところです。

歯周病と心臓の関係性

歯の病気というのは、意外と人間の臓器に大きな影響を与えていたりします。とりわけ歯周病は心臓病と密接な関係にあると言われており、実際心臓病で亡くなった人の口の中を調べると夥しい歯周病菌が見つかるということも。歯周病は日ごろのしっかりとした歯磨きによって十分に予防することができる病気です。歯磨きをしなかったり、歯をないがしろにしていると、歯をなくすだけでなく命の危険性も生じてくるということを十分に理解しておきましょう。

僧帽弁という心臓内にある弁がうまく閉じなくなる症状を、僧帽弁閉鎖不全症といいます。僧帽弁がうまく閉じなくなると、血流が逆流してしまいます。

No comments.